ブログ

腸活やむくみの改善のためにも、水分補給を

2020/07/04

Pocket

こんにちは。

受付の秋山です。

 

梅雨も後半戦。
梅雨が明けて暑さが厳しくなる前に、効率よく水分を補給しましょう。

1日に2L必要と言われる水。
水を飲むことは体に良いということはよく知られています。健やかな毎日を過ごすために、また腸活やむくみの改善に向けて、正しい水分補給の仕方を知っておきましょう。

 

わたしたちの体は、60-65%が水分でできています。
このうちのたった1-2%不足するだけで、脱水やめまい、体のダルさといった不調。2%失われるとのどの渇き、運動能力が低下。3%失われると強いのどの渇き、ぼんやり、食欲不振などの症状。4-5%になると疲労感や頭痛、めまいなどの脱水症状があらわれます。

 

体に良い水分補給のポイントは、「喉が乾く前」に「こまめに飲む」こと。

 

○1日に必要とされてる2Lを一気に飲むのではなく、コップ一杯×6回ほどに分けて、1日かけてこまめに飲むこと。

○水の温度は常温がベスト。冷たすぎると体の冷え、熱すぎると腸が驚いてしまうことがあります。またゆっくり飲むこと。

○目覚めの水は腸活にピッタリ。体に潤いが行きわたると同時に、腸を刺激してくれる。

○食前に水を飲むと新陳代謝が高まってカロリーを多く消費してくれる。ただ食前だと胃液が薄まるので食事の30分前がオススメ。食後は体が水分を吸収しやすくなっているので、むくみ予防のためにも控えめに。

○寝る前に水を飲むと、口の中が潤って寝つきが良くなります。

 

私は眠くなった時によく水分補給をするのですが、コップ一杯の水を飲むことで脳が活発になって集中力もアップするそうです。

「喉の渇きを感じる前に補給」することを意識して、こまめな水分補給で暑さを乗り切りましょう。

 

ご相談・ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

当院へは、宮竹小前のセブンイレブンさんを目印にお越しください。

PAGE TOP